憲法九条を守るわかやま県民の会

 
  改憲勢力による憲法改悪の危険な動きが急速にすすむもとで、憲法と9条を守るたたかいを和歌山県下で大きく発展させるために、 和歌山県地評や憲法会議が呼びかけ、04年11月3日に、「憲法九条を守るわかやま県民の会」が結成されました。
  以下、「憲法九条を守るわかやま県民の会」の活動を紹介します。 

トップへ


安保条約をなくし、平和と民主主義、生活向上をめざす和歌山県民会議

 議長・武内 正次 
事務局・和歌山市雑賀屋町東ノ丁50(和高教内)
TEL・073(432)6355

  和歌山県において、平和と民主主義を守るために労働組合、民主団体、政党、個人が、「安保条約をなくし、平和と民主主義、生活向上をめざす和歌山県民会議」(略称:平和と民主主義をまもる県民会議)を結成して活動しています。
  2002年3月には、平和と民主主義をまもる県民会議の呼びかけで、「有事法制に反対する和歌山県連絡会」を結成して、「イラク戦争反対」「イラクへの自衛隊派兵反対」などの宣伝・署名活動、ピースパレードなどに取り組んできました。


トップへ