○御坊広域清掃センター条例

平成元年3月8日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)の規定に基づき、御坊広域清掃センター(以下「清掃センター」という。)の設置及び管理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 御坊広域行政事務組合(以下「組合」という。)の区域内から収集されたごみを処理するため、清掃センターを設置する。

2 清掃センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 御坊広域清掃センター

位置 御坊市名田町野島2731番地の4

(組織)

第3条 清掃センターに職員を置く。

2 係の設置及び事務分掌については、別に定める。

(処理の範囲)

第4条 清掃センターが処理できる範囲は、次のとおりとする。

(1) 法第6条の2第1項の規定に基づき収集され、及び運搬されたごみの処分

(2) 個人又は事業者が、その居住し、又は所在する市町の長(以下「関係市町の長」という。)の許可を受けて搬入したごみの処分

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理者が特に必要と認めるごみの処分

(許可)

第5条 前条第2号の規定に基づき搬入する者は、その都度関係市町の長の許可を受けなければならない。

2 前項の規定により許可を受けた者は、搬入の都度許可書を係員に提出し、その指示に従わなければならない。

(手数料)

第6条 前条第1項の規定により許可を受けた者から、地方自治法(昭和22年法律第67号)第227条の規定により手数料を徴収する。

2 手数料は、別表に定める額をその都度徴収する。ただし、管理者が特別の理由があると認めるときは、後納とすることができる。

(手数料の還付)

第7条 既に納付した手数料は、還付しない。ただし、管理者が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(手数料の減免)

第8条 管理者は、特別の理由があると認める者に対しては、手数料を減免することができる。

(制限)

第9条 管理者は、清掃センターの維持管理の必要上、第4条の規定によるごみの搬入について、制限することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年11月1日条例第6号)

この条例は、平成2年11月1日から施行する。

附 則(平成8年12月18日条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表の改正規定は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月31日条例第1号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月28日条例第4号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第1号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

搬入区分

ごみ処理手数料

一般個人

搬入ごみ1tにつき 3,240円

その他の者

搬入ごみ1tにつき 10,800円

御坊広域清掃センター条例

平成元年3月8日 条例第3号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7編 設/第1章 清掃センター
沿革情報
平成元年3月8日 条例第3号
平成2年11月1日 条例第6号
平成8年12月18日 条例第4号
平成12年3月31日 条例第1号
平成19年3月28日 条例第4号
平成26年3月20日 条例第1号