本文へスキップ

医療法人 橋本病院は、和歌山市の消化器外科・外科・整形外科・内科の救急告示病院です。

TEL. 073-426-3388

〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31

医療機器/フルハイビジョン内視鏡システム

胃内視鏡検査

当院では、新棟完成時に高画質フルハイビジョン内視鏡システムを導入しました。
※従来のお口からの内視鏡に加え鼻からの内視鏡検査も受けていただけます。
※のどの麻酔に加え、ご希望があれば眠くなるお薬を使用して検査を行います。眠っている間に苦痛なく検査を受けて頂けます。
※胃の検査であれば、お食事をしていなければ当日検査可能です。




経鼻内視鏡

・直径が5mmと非常に細いです。
・吐き気が少ない検査です。
・検査中会話ができます。



観察用モニター

内視鏡用フルHDワイド液晶
患者様参照用液晶設置


※特にご希望のない場合は、お口からの検査になります。
※経鼻内視鏡での検査を強く希望する方は医師とご相談下さい。
※症状、病状、鼻孔の形状によっては経鼻内視鏡での検査が出来ない場合がございます。





@胃潰瘍


A十二指腸ポリープ




大腸内視鏡検査

大腸の場合、大腸をきれいにするために前処置として検査用の下剤を2リットル飲んでいただきます。
その後、5〜8回程度の排便を確認し、大腸内がきれいになった状態で検査を始めます。
大腸内視鏡検査は、まず、肛門から一番奥の盲腸まで内視鏡を挿入し、戻ってくるときに主に観察を行います。
※軽い麻酔を行い痛みのない検査が可能ですが、大腸の長さや曲がり具合、癒着等で痛みを伴う場合があります。
※内視鏡専門医により、大腸内視鏡検査、治療、内視鏡的切除等を行っております。


@大腸癌

A大腸ポリープ

Bポリープ切除前

Cポリープ切除後

※大腸内視鏡検査は、前処置が必要ですので予約をする必要があります。


狭帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)


当院では、狭帯域光観察(NBI)を導入しております。NBIシステムとは、粘膜表面の微細な血管を観察するシステムで内視鏡診断を飛躍的に向上させます。がんの早期発見、病変の悪性度や範囲診断を目的に、通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細血管などを、色調の違いとして強調する狭帯域光観察(NBI)機能を搭載した内視鏡システムで、通常では判別しにくい腫瘍の発見と診断に有用です。



通常光による大腸腺腫


お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。


〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31




NBIによる大腸腺腫



バナースペース

医療法人 橋本病院

〒641-0041
和歌山市堀止南ノ丁4-31

TEL 073-426-3388(代)
FAX 073-424-7953