本文へスキップ

医療法人 橋本病院は、和歌山市の消化器外科・外科・整形外科・内科の救急告示病院です。

TEL. 073-426-3388

〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31

医療機器/骨密度測定装置

骨密度検査(DEXA法)

当院では骨密度測定装置を新たに導入しました。
骨粗鬆症の診断に有用とされており、極めて少量のX線で苦痛なく安全に短時間で検査できます。

「骨密度」は、骨の強さを判定するための代表的な指標で、 骨密度検査では、骨の中にカルシウムなどのミネラルがどの程度あるかを測定します。 骨密度は若い人の骨密度の平均値と比べて自分の骨密度が何%であるかで表されます。
様々な骨量測定法がありますが、現時点では最も信頼の高い骨量測定法とされているDEXA法を用いています。

骨粗鬆症は骨の強度が低下し、骨折の危険性が高くなる病気です。
骨の強度は骨量あるいは骨密度が70%、 骨質が30%影響すると言われています。骨の強度の重要な要因である骨量を測定することで骨粗鬆症の診断や骨折危険性の評価が可能となります。

腰椎と大腿骨頸部(足の付け根の部分)を測定します。
骨折を起こしやすい部位を直接測ることで、高い精度の骨密度が分かります。
検査時間は10分程度寝ているだけの検査です。



骨密度測定装置

短時間でスピーディーに検査可能

腰椎と大腿骨を測定します。

DEXA法とは?

DEXA 法とは、Dual Energy X-ray Absorptiometry の略で、2種の異なるエックス線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差で骨密度を測定する方法という意味です。被曝量は極めて少なく、迅速かつ精度の高い測定ができ、骨密度測定の標準とされています


骨密度測定装置

検査室


どのような方が受けるのがおすすめ?


・65歳以上の女性、また危険因子(喫煙、飲酒、骨折の家族歴)を有する65歳未満の閉経後から閉経周辺期の女性
・70歳以上の男性、また危険因子を有する50歳以上70歳未満の男性
・これまでに転倒などの軽い衝撃により骨折を起こしたことのある方
・骨粗鬆症をきたす病気(関節リウマチなど)にかかっている方やそれを引き起こすステロイド剤を投与されている方

※健康診断の追加オプションとしてもお受けいただけます。

お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。


〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31




バナースペース

医療法人 橋本病院

〒641-0041
和歌山市堀止南ノ丁4-31

TEL 073-426-3388(代)
FAX 073-424-7953