本文へスキップ

医療法人 橋本病院は、和歌山市の消化器外科・外科・整形外科・内科の救急告示病院です。

TEL. 073-426-3388

〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31

整形外科


診察スケジュール

平成28年7月より、常勤医師2名、非常勤医師4名となり、整形外科的手術や救急医療への対応等が可能となります今後も整形外科体制の充実を目指します。

 
午前 坂田亮介 橋本忠晃 橋本忠晃 坂田亮介 橋本忠晃 ※1
整形担当
午後 橋本忠晃 菱川 泰 応需 橋本忠晃 北野岳史

※1第1土曜日坂田医師第2、第4土曜日宮ア医師、第3、第5土曜日橋本医師となります。

※午前の受付時間を過ぎてから来院された場合は、午後からの診察となります。
※火曜日の午後の診察は
13:30〜14:30となります。
※日曜日と祝祭日は
休診です。
※救急・急患の場合はこの限りではありません。

整形外科 常勤医師のご紹介


橋本 忠晃 医師


整形外科医 専門:四肢・骨盤外傷・関節外科

平成17年 東京医科大学 卒業
平成19年〜25年 和歌山県下の基幹病院にて勤務
平成25年〜28年 和歌山県立医科大学附属病院救急集中治療部助教
(重度四肢外傷、脊椎外傷の治療、フライトドクターとしてDrヘリ業務従事)

○日本整形外科学会専門医 ○日本骨粗鬆症学会認定医


平成28年7月より医療法人橋本病院に常勤医師として診療を開始致しました。
医療の高度化により外傷学も専門性を持つようになっております。私は和歌山県立医科大学附属病院高度救命救急センターにて勤務にて重度四肢外傷、骨盤外傷を中心に治療を行っておりました。超急性期の大病院では長期の入院が困難であり、リハビリテーションの途中で転院することも多くあるのが現状です。
当院では一貫して退院までの治療を行う方針としております。重度外傷で得られた技術・知識・経験を生かし橋本病院での診療に生かし、機能回復に全力を尽くしていきたいと考えております。







坂田 亮介 医師

医学博士
整形外科医 専門:関節外科・関節リウマチ

平成7年 愛媛大学医学部卒業
平成13年 和歌山県立医科大学 大学院単位取得
○日本整形外科学会専門医
○日本リウマチ学会専門医・指導医
○日本整形外科学会 認定 スポーツ医
○日本整形外科学会 認定 運動器リハビリテーション医
日本骨粗鬆症学会認定医
(元 和歌山ろうさい病院 整形外科副部長)


平成28年5月から勤務し、毎週、月・木・土曜日の午前中外来診療を行っています。(土曜日は第1のみ)
整形外科医として骨折などの外傷はもちろん、膝関節を中心に関節外科医として診療を行い、これまで人工関節置換術や関節鏡視下手術を手掛けてきました。

股関節や膝関節の変形性関節症の患者様の中には、薬などの治療をおこなっても痛みが強く、そのために歩くことさえつらいという方がいます。そのような場合は人工関節に置き換える手術を行うことになるのですが、手術によりそれまでできなかった買い物や旅行などができるようになったと喜んでいただくことが多いです。

スポーツなどで生じることが多い膝の靭帯断裂や半月板断裂などは自然に治癒することが難しく、薬やリハビリテーションで痛みは軽減しても、切れた靭帯や半月板が修復されるということはありません。このような方には関節鏡という内視鏡を用いて靭帯を新たに作る手術や半月板を縫合する手術が必要となります。
また、関節を中心に診療をしておりますので、多関節痛を訴える関節リウマチの患者様を診察させていただく機会も多く、関節リウマチの症状を緩和させ、リウマチにより生じる関節変形をできる限り抑制する治療を行っています。

ご紹介しましたこれらの疾患は、全て当院で治療することができますので、何か気になることがございましたら、お気軽に相談いただければと思います。


主な治療 手術内容




「治療」

外傷一般、骨折、関節リウマチ、脊椎圧迫骨折、腰痛種、関節痛、その他

「手術」
人工骨頭置換術、骨折観血的手術、人工関節置換術(膝関節・股関節)、手根骨開放手術、、アキレス腱断裂手術、関節鏡下半月板縫合術、関節鏡下靭帯断裂形成術、手根骨開放手術、その他




お問い合わせ

お電話、お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。


〒641-0041 和歌山市堀止南ノ丁4-31






バナースペース

医療法人 橋本病院

〒641-0041
和歌山市堀止南ノ丁4-31

TEL 073-426-3388(代)
FAX 073-424-7953