日時 2009/10/12(月) 6:45 〜 17:45
区分 紀州釣り 狙い チヌ・キビレ
場所 海南市某波止
メモ  
満潮 干潮
小潮 14:22   6:24 20:16 
天気 晴れ 普通 波高 1.0m 水温   気温  
同行者 四宮、直川 備考  
釣り方 紀州釣り
仕掛  
メモ  
エサ(ルアー) 備考
オキアミ  
ボケ  
アミエビ  
ヌカ+砂+押し麦  
強力チヌにんにく  
細挽きサナギ  
釣果
魚名 サイズ kg ヒットしたエサ(ルアー) 備考
チヌ・キビレ 31.0 Cm 〜 33.0 Cm ? kg 〜 ? kg 2 匹    
写真
 私は昨日に引き続き、同じ釣り場に連チャンである(笑)。
今回同行させてもらったのは、楽釣さんと磯吉さんである。
そして、磯吉さんは前回(三重遠征9/22)、這わせ釣法で良い思いをしただけに、
その勢いをそのままに、体得したであろう?這わせ釣法で、今回は深場での挑戦となった。
磯吉さんは超深場で本命を釣ることができるのだろうか?

 午前6時前に現場に着くと、少し出遅れたせいか、釣り人が意外に多く、我々3人の釣り座を
確保できるかできないかの状態だったが、何とか釣り座を確保することが出来た。
この日も前日に引き続いて訪れていた優しき常連さんT氏が釣り座を譲ってくれたお陰であった。
ホントに有り難うございました。

 そして、いち早く釣りを開始していた楽釣さんの竿が曲がった。
第1投目から本命ゲットか?
紛らわしい引きながら、上がってきたのは25cm強のムギメシ(クロサギ)だった。
ホッとしたやら、残念やら(笑)。

 私もようやく準備が終わり、釣りを開始した。
開始直後は潮は止まっていたが、しばらくすると、左に右にふらつき、そして止まった。
それでタナ調整は忙しかった。
その間にも、アタリは無いもの、エサだけはちゃんと取られてくるのだ。
前日に引き続き、エサ取りがわんさか居る和歌山の紀州釣りである。

 ここで、常連さん情報によると、今日はタンカーが出港するらしく、その際には湾内の潮が
かき回されて濁りまくり、1時間以上は釣りにならない状態が続くのだ。
それだけに、タンカーが出港する前に、とりあえず1枚は釣っておきたいところだ。

 タグボートが出てきて、そろそろタンカーが出港する様相を呈してきたときに、
楽釣さんが何かを掛けた。
上がってきたのは30cm弱のチヌであった。
さすがです。
居食いだったとのこと。
30分後には案の定、タンカーが出港し、タグボートが湾内の潮をかき回していき、濁りまくった。
それだけに楽釣さんのこの1枚は貴重である。
この時、午前8時30分過ぎだった。
それで我々はしばらく休憩タイムとなった。

 休憩タイムもそこそこに、楽釣さんはいち早く再開したが、タグボートによってかき回された
速い潮の流れが収まらず、釣りづらい状況である。
私は休憩を続けていた。

 1時間弱ほどして、ようやく潮が緩んできたようなので、私は釣りを再開した。
それでも、潮は依然速く流れていて釣りにならない。
私は再び休憩に入った。

 ようやく潮の流れが収まり、釣りを再開した。
この時、右後方からの風が強く、ウキ止めが寝ウキにいくまでは、寝ウキが左に流されるが、
ウキ止めが寝ウキにいくと、寝ウキは右に流れていく。
どうやら、上潮は強風により左に流れるが、底潮は右に流れているようだ。
そこで、この2枚潮に対応するべく、タナを1ヒロ弱ほど深くして続けた。
仕掛けは良い感じで馴染むが、相変わらず潮は濁ったままであり、ダンゴの意味がないので、
ここで、大きな決断をした。
この決断は吉と出るのか、凶と出るのか、分からない。

 その決断というのは、釣り座の変更だった。
外向きはタグボートにかき回されて濁りまくりなので、濁っていない内側に移動した。
私が移動する直前に、楽釣さんも内側に移動していた。
潮は左に流れていて、2投目にはエサは取られてくるので、内側もエサ取りの多い和歌山の
紀州釣りが楽しめそうで、期待が持てそうだ。

 少しすると、外向き真ん中付近で釣っていた常連紀州釣り師が帰るということで、
内側に移動していた楽釣さんは、その釣り座にすかさず移動し、再び外向きで始めた。

 この後、1時間ほどして、ようやく沈黙を破ったのは楽釣さんであった。
30cm前後の黒い居着きチヌを釣ったのだ。
本日2枚目ゲット、さすがですね。
この時、外向きは濁りがだいぶマシになってきたが、逆に内向きが濁り始めた。
外側の潮が内側に回ってきたようだ。
それで、外向きも内向きも濁りが変わらないのなら、楽釣さんが釣った外向きの釣り座に
移動することにし、楽釣さんの右側に入らせてもらった。
内側でやっていた1時間強の時間は何だったのか?
この釣り座再変更はどういう結果になるのだろうか?
この時、午後12時30分を回っていた。

 私が釣り座を変更して数分後、楽釣さんは先ほどと同サイズの本命をゲット!
この時も潮は右に流れていて、楽釣さんのダンゴのマキエが右隣の私のところにも流れてきて
いるだろうから、楽釣さんの2連チャンに続けとばかりに期待した。
すると、ボケも取られてきた。
しかし、短い時合いが終わったようで、アタリは全く無い時間帯が続くことになった。

 昼前から向かい風に変わっていたが、次第になり、更に釣りづらくなった。
それでも、「まずは1枚」を目指し、頑張るしかない。
三重県で好調だった磯吉さんも未だボーである。
ホントに厳しいなあ!

 相変わらず、エサは取られっぱなしながら、アタリが無い我慢の釣りが続いていたが、
強い向かい風のためにタナを深くして臨んでいた時に、寝ウキが一気に入った。
合わせると、心地良い引きが腕に伝わってきた。
姿を見せたのは案の定、本命ちゃんであった。
恐れ多くも楽釣さんにタモ入れして頂き、上がってきた本命は35cm弱だろう。
とりあえず、1枚目をゲットし、気持ちが落ち着いた。
この時、午後2時を回っていた。

 この直後、楽釣さんが大きく竿を曲げた。
少しのやり取りの後、バラしてしまった。
残念でした。
聞くと、ダンゴの割れが異常に速かったようで、ダンゴごと食っていった感じだったとのこと。
もしかして、回遊チヌが入ってきたのか?
しかし、居着かせることはできなかった。

 この直前から、楽釣さんは小さなゴンズイを掛けるようになった。
ゴンズイが釣れ始めると、連チャンすることが多く、案の定、ゴンズイを連チャンしていた(笑)。
人のことを笑っている私も、微妙なアタリで合わせると、小さなゴンズイが釣れ始めた。
毒を持っているだけに慎重に針を外さなければならないので、面倒くさい。
その嫌な思いとは裏腹に、ゴンズイが釣れてくるのだ(泣)。

 それから1時間ほどして、潮は相変わらず右に流れていて、仕掛けを流していた。
寝ウキがスーッと入っていったので合わせようとすると、浮いてきたので、再び入っていくのを
待っていたが、再び入っていくことはなく、寝ウキはモゾモゾする微妙な動きを続けていた。
もしかして、既に居食っている可能性も拭いきれないので、仕掛けを回収すると、
やっぱり居食っていた。
上がってきたのは30cm前後のチヌであった。
ヤッター!
本日2枚目である。
既に3枚ゲットしている楽釣さんに1枚差に迫った。
これからだ!

 この直後に、楽釣さんはダンゴが速く割られてアタリがあったが、先ほどのバラシもあるので
寝ウキが入っていくのを確認してから合わせ、見事に30cm前後の本命4枚目をゲットした。
さすがである。
しかし、あれだけ寝ウキが入っていったから合わせたにも関わらず、タモに収まってからすぐに
針が外れて、間一髪の針掛かりだったようだ。
回遊チヌの時合いが来たのかと思いきや、またもや続かない。

 ここで、磯吉さんの様子を見に行った。
すると、ハワセ釣法を体得しているはずの磯吉さんなのに、ダンゴが着底するまでに割れている
ようなのだ。
ダンゴが途中で割れないように固く握って、今やっているタナを確認するようにアドバイスすると、
磯吉さんがやっていたタナが判明した。
この深場にしてほぼトントンだったので、タナをもっと深くするようにアドバイスして、
あまり多くを語らないまま、私は自分の釣り座に戻った。

 この頃から、向かい風は凄くマシになり、釣りやすくなった。
この状況を見逃すことなく、楽釣さんは枚数を重ね、合計6枚に達していた。
さすがです。

 辺りはすっかり暗くなり、私は寝ウキが見えるギリギリの時間帯まで続けていた。
しぶといことに定評のある私だが、暗くなってからは全くエサが取られてこなくなり、
午後5時45分に納竿とした。



今回の釣果
私(チヌ吉)・・・・・・チヌ2枚(33cm、31cm)、他
楽釣さん・・・・・・・・チヌ6枚(32cm〜26cm)、他
磯吉さん・・・・・・・・他

楽釣さんの釣果です。
厳しい中、6枚ゲットはさすがです。
その極意を教えて欲しいものです。