LEDフラッシャー PICチップ 配布案内


LEDフラッシャーユニット
LEDフラッシャーユニット部品配置図
LEDフラッシャー

概 要: LED自動点滅ユニットです。

超高輝度LEDを使えば、昼間でも遠くから確認出来ます。

点滅パターンは、外国のパトカーや、レース場のセーフティーカーなどでよく使われている 「チカ、チカ、チカ」と3回点滅しながら交互に点滅します。


    こーんな感じ。

仕 様: ワンチップマイコンのPIC16C509を使用して、パーツを少なくし、小型に仕上げました。 点滅スピードもジャンパー切替により、三段階に変更可能。 小型サイズ(プリント基盤サイズW50×D40(mm))にしました。電源は、基板上に5vの三端子を載せてありますので 7〜15v程度なら使用出来ます。

出力には抵抗とLEDをつなげばOK。


LEDフラッシャーユニットの回路図はこちら

    GP0をGNDで最速点滅(速い)
    GP1  〃  デフォルトより若干遅め
    GP3  〃  最遅点滅(遅い)


    *注:仕様は、予告無く変更いたします。


    車のハザードランプ代わりにこーんな感じ。


超高輝度 白色LED等を数個使用した例 回路図はこちら

電流が流れる物やたくさんのLEDを接続したときの例 回路図はこちら

今回のLEDフラッシャーはローカルのJG3OREさんのさんのプログラムによるものです。
ラジコンの便利ツールなどが載ったJG3OREさんのホームページ
アマチュア無線とRCヘリコプターはこちら。





<−スリムタイプにレイアウトした製作例。


    キセノン管を使用した「ストロボ・フラッシャーの実験」  

 

  上記、”LEDフラッシャーユニット”のPICチップを配布します。(2006/04/13)

   ★LEDフラッシャーユニット PICチップ ★完売!! 



このホームページに掲載されたデータを無断転載することを禁じます。
Copyright c1997-2011 JN3QCI