ストロボフラッシャー実験


ストロボフラッシャーユニット
ストロボフラッシャーユニット部品配置図

概 要: キセノン管を使った自動点滅実験です。

LEDフラッシャーのPICチップを使い、ストロボでおなじみのキセノン管を点滅させてみました。
高速にフラッシュさせているため、カメラのフラッシュほど明るくはありませんが、昼間でも遠くから確認出来ます。

仕 様: LEDフラッシャーのPICチップのPIC16C509を使用しました。
キセノン管フラッシュのパーツは、使い捨てカメラのフラッシュ回路の部品を流用しています。
フラッシュ回路は、高圧の電気を取り扱いますので感電に注意して行ってください。



 キセノン管ストロボの回路図はこちら

 *注:仕様は、予告無く変更いたします。


 ストロボフラッシャーの回路図はこちら


    キセノン管ストロボで、こーんな感じ。

 


このホームページに掲載されたデータを無断転載することを禁じます。
Copyright c1997-2011 JN3QCI