自作品紹介indexページ 1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目

FM トランスミッター FMステレオ・トランスミッター
「FS−1」

分  類:トランスミッター
基板寸法:W70×D59(mm)
概  要:高周波回路にセラロック発振回路を用いたため、周波数安定度の良いFMステレ オ・トランスミッターとなっています。今までのLC発振型とは比べものになら ない高安定ですから、ミニFM局などのトランスミッターとしては最適です。また 低周波部も出来るだけコンデンサーを減らし、音質を重視した回路となっていま すし、AF入力ラインにはプリエンファシス回路を通しています。
トーンスケルチ トーンスケルチ・アダプター
「T.SQL」

分  類:トーンスケルチ
基板寸法:W35×D33(mm)ユニットのみ
概  要:主要部品にトーンスケルチ専用LSIを使用し超小型のトーンスケルチユニットを 実現しました。本来、トーンスケルチは無線機の中に内蔵させて使用しますが、今 回はこのユニットを使って外付けのアダプタータイプとしました。これにより、ト ーンスケルチのつけられないタイプの無線機でも、手軽にトーンスケルチがかけら れます。
DTMF デコーダー DTMFデコーダー
「DTMF−RC1」

分  類:DTMFデコーダー
基板寸法:W80×D65(mm)
概  要:DTMFデコーダIC「LC7385」を使用したDTMFレシーバーで、出力は小型リレーの2chです。
コマンドは一応5桁ですが、2桁〜5桁まで自由に設定可能。コマンドの設定は、EPROMにデータを焼いていますので、 変更時は別のデータを焼いたROMと交換するだけでおこなえます。
主用受信部は専用ICですから外付けパーツは少なくてすみます。 コマンドは、確実にそのコマンドがこないと受け付けません。 CRを使ったタイマー式のコマンド回路でしたらDTMFの連続送信マシンで誤動作しましたが、それがありません。
回路図は、こちらへ。
カウンター 3 1/4桁アップカウンター
「COUNT−1」

分  類:カウンター
基板寸法:W58×D85(mm)
概  要:アップカウントする単純なカウンター。3桁表示専用カウンターICを使用したため、 7セグメントドライブICは1つしか使用していません。キャリーアップ信号を利用して、2999まで カウント可能にしました。
アメパトサイレン アメパト・サイレン
「AMEPAT−1」

分  類:サイレン
基板寸法:W72×D48(mm)穴空基板
概  要:昔、流行した「アメパトサイレン」の回路を穴空き基板で再現しました。
回路は、マルチバイブレーターを2回路組み合わせた物で、片方でサイレンの音源を作り、 もう片方で「ヒュン、ヒュン」というタイミングをCRと組み合わせて作っています。
電源は、3Vですから乾電池2本で動作します。
アメパトサイレンキット配布終了につき、回路図公開。
回路図は、こちらへ。


[電子工作の部屋] [HAMの部屋] [おもしろ無線周波数データの部屋] [マニアの部屋]
戻る