自作品紹介indexページ 1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目

2m25w 144MHz帯 FM25Wブースター
「2mFM−25」

分  類:HAM ブースター
基板寸法:(mm)
概  要: 数年前、ジャンク屋で見つけた業務機用のファイナル基板を流用して製作した FM 25w ブースターです。
ケースとなっている放熱板は、不燃物に捨てられていた古いステレオアンプのジャンクの物で、 それにアルミ板を使ってケース加工しました。
アンテナ切替スイッチは、ダイオードが使われていたため、電源オフでアンプ回路がスルーにならないのが欠点ですが 繋ぎっぱなしで使用するには、リレーなどと違って音もなく、接点不良にもならず長持ちします!?
50MHz 10w リニアアンプ 50MHz帯 10Wリニアアンプ
「50MHzAMP」

分  類:HAM リニアアンプ
基板寸法:(mm)
概  要: ファイナルに、トランジスター 2SC1969 を使った50MHz帯リニアアンプです。
送受信きり換えは、キャリアコントロール回路を使っていますので、SSB時にはレディーを持たせています。
ジャンクに有ったメーターを使ってのRFメーター付。
145MHz 15w リニアアンプ 145MHz帯 15Wリニアアンプ
「145MHzAMP」

分  類:HAM リニアアンプ
基板寸法:(mm)
概  要: こちらはファイナルに、RFパワーモジュールを使った 145MHz帯、15W出力 リニアアンプです。
先のリニアアンプ同様、きり換えには、キャリアコントロール回路を使っていますので、SSB時にはレディーを持たせています。
ケースは、50MHzリニアと同じようにレイアウトしましたが、こちらはジャンクに有った放熱板付。
435MHz 30w FMブースター 435MHz帯 FM30Wブースター
「435MHzFM−30」

分  類:HAM ブースター
基板寸法:(mm)
概  要: こちらもファイナルに、RFパワーモジュールを使った 435MHz帯、30W出力 ブースターアンプです。
パワーモジュールの前段トランジスターの電圧を可変して、パワーモジュールの出力を連続可変できるようにして有ります。
こちらもジャンクの放熱板付。
wave player 音声合成再生機
「Wave Player」

分  類:音声合成
基板寸法:基板サイズW130×D25×H40(mm)
概  要: ウインドウズ等でおなじみの wave ファイルの一部を加工したデーターを ROM に焼き、それを再生できるようにしたものです。
ROM に書き込んだデータをアドレスカウンターではき出させ、ROM が出す8ビットの信号を R-R2 ラダーのD/Aコンバーターで 音の信号にし、フィルターを通してアンプで増幅してスピーカーを鳴らしています。
サンプリング周波数も半固定ボリュームで変えることが出来ますので、サンプリング周波数 8KHz〜22KHz の wave ファイルが再生できます。
ROM に書き込むデータは、wave ファイルのヘッダー部分を消去したもので、音声もサンプリング周波数を 11〜22kHz 程度にすれば、十分聞き取れます。
ROM は、安価に出回っている 64〜256kbit のが使用できるようにしてあります。

Wave Player 回路図


[電子工作の部屋] [HAMの部屋] [おもしろ無線周波数データの部屋] [マニアの部屋]
戻る