アマチュア無線大好き集まれ!

西山レピーター

a homepage of Masafumi Sakaguchi by JN3QCI


久しぶりにローカルレピーターのメンテナンスを行ったので、ついでに撮影してきました。

西山レピーター 1 西山レピーター 2 西山レピーター 3

1292.68MHz、レピーターの設備とアンテナ!!

レピーター以外に、パケット通信のNNC(ネットワーク・ノード・コントローラー)の設備もある。

西山レピーター 4 西山レピーター 5

この日は、メンテナンスと換気用のファンの設置が目的。

西山レピーター 6 西山レピーター 7

バッチリ、うまくつきました。

西山レピーター 8 西山レピーター 9

内部の様子。レピーター以外にパケット用の設備、それに無線温度センサーを設置しています。

無線温度センサーとは、レピータ設備内の温度をはかり、そのデータを30分毎にDTMFの音データで送信します。
そのDTMF信号音を受信し、表示装置へ入力してやれば、現在の温度と、最低、最高温度が表示されます。

西山温度センサー 西山温度センサー

それだけではなく、半導体メモリーによるデジタル音声録音再生装置を使った
DVRRS(デジタル・ボイス・レコーディング・リピート・システム)を設置しています。

DVRRS DVRRS

DVRRS(デジタル・ボイス・レコーディング・リピート・システム)基板。

 DVRRS とは、同一周波数でのレピーターのようなもので、アクセストーンのある信号を受信すれば、その音
声をデジタル録音し、アクセスが終われば録音された内容を送信します。つまり、オウム返しのようなものですね。

災害時のバッテリー

災害時の停電時でも使用できるように、停電時には自動的にバッテリー動作となり、送信機の出力もLoパワーに切
り替わるようになっています。録音される時間も高音質モードで30秒あり、ちょっとした通信には十分対応できます。