自作品紹介indexページ 1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目


DTMFメッセージャー PIC版 「DTMF−ms for PIC」のご紹介

DTMF メッセンジャー PIC小型版 DTMFメッセージャー PIC版 2 DTMFメッセージャー
「DTMF−ms for PIC」

分  類:DTMF解読器
基板寸法:W110mm×D35(mm) 
概  要: 今回のは、CPUにPIC16F84を、DTMFデコーダーICにはLC7385を使い、キャラクターROM内蔵のLCDディスプレイを駆動しています。
PICを使用して、小型化を図り、 各端末にIDを持たせ、個別呼出をすると共に、同報用のIDも装備。そのうえ、各端末IDに対応する発信者のコールサインを メモリーしておく事が出来、受信端末には、受信メッセージと共に発信者のコールサインが表示されます。
各端末のIDやIDに対する送信者ネームなどは、PICライターや、コンピューターががなくても書き換えモードにより、DTMFの音で各自書き換え可能。
また、受信時にはアラームも鳴り、過去一件分のメッセージも履歴記録するようになっています。
表示されるメッセージは・・・・ こちら。
PICライターを持っておられる方でしたら、自分用のメッセージに変更可能です。

付加機能としまして、起動時にメッセージ表示切換え&リセット スイッチを押しながら電源を入れると、DTMF解読機に変身します。 受信されたDTMFの音を、同時表示最大32文字で表示します。(^^;

消費電流は、10mA程度ですから小型のニッカド電池を入れれば持ち運びに支障のない大きさに仕上げる事も可能。

DTMFメッセージャー PIC版 3 今回のPICバージョンは、ローカルの伏見さんのプログラムによるものです。

#00#03#00 と送ってメッセージを表示させたところ

内部の様子

  DTMFコードの送信方法ですが、下記のようになります。

◎ 送信方法
               (通常送信1)
                # XX  # XX  # XX   XXXXXXXXXX
                 ID1   ID2   ID3      ID4

(例:#01#00#0245678 で 端末 01 の装置に レンラク クダサイ と表示し、受信者ID 02 に登録されている名前を表示、その後ろへ 45678 と表示される)

(通常送信2) # XX # XX XXXXXXXXXXXXXXXX ID1 ID2 ID4

(例:#00#07123456789 で 端末 00 の装置に ヒマ シテイマス と表示し、二行目に 123456789 と表示される)

(同時同報1) * 37 # XX # XX XXXXXXXXXX ID1 ID2 ID3 ID4

(例:*37#17#01*0930 で すべての端末に シュウゴウ と表示し、受信者ID 01 に登録されている名前を表示、その後ろへ *0930 と表示される)

(同時同報2) * 37 # XX XXXXXXXXXXXXXXXX ID1 ID2 ID4

(例:*37#00#050738244567 で すべての端末に TEL クダサイ と表示し、受信者ID 05 に登録されている名前を表示、その後ろへ 0738244567 と表示される)

ID1 == 受信者IDコード 2桁数字のみ ID2 == メッセージ コード   約25種(16文字) ID3 == 呼出者IDコード   3桁10人まで ID4 == 数値表示データ    10桁または16桁(電話番号等) (通常呼出では、最初に"#"を送りますが同報では最初は"*"となります。) ◎ 受信者IDと呼出者コード表示文字の設定モード 基板上に取りつけられたタクトスイッチを押しながら電源を入れると、受信者IDと呼出者コード表示文字の設定モードとなります。  DTMFの信号を入力し設定します。1文字ごとに、書き込みを行います。  受信者ID -> #00 -> #01 .............. #09 と、順番に送って行きます。また、飛ばすときはリセットkeyを押します。  #09 まで行くと入力すると止まりますから、電源を切って終了します。(受信者ID 0 -> 9 の数字のみ) ◎ 呼出者コード表示文字  "0"を"00"とし、 "゚"を"93"として2桁の番号で1文字を入力します   入力可能文字は下記の94種有ります。 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 _ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z ァ ィ ゥ ェ ォ ャ ュ ョ ッ ー ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ ハ ヒ フ ヘ ホ マ ミ ム メ モ ヤ ユ ヨ ラ リ ル レ ロ ワ ン ゙ ゚ 注 ( "_" はスペース表示です) "00" と入力すると "0" 書き込まれます、"11" と入力すると"A" が書き込まれます。"AB" と書き込むには "1112" と入力します。


[電子工作の部屋] [HAMの部屋] [おもしろ無線周波数データの部屋] [マニアの部屋]