くまちゃん プレイステーション用コントロールパッド赤外線リモコン化 くまちゃん

純正パッド(アナログ、振動無しタイプ)へ内蔵レポートはこちら。
赤外線リモコンユニットの詳しい内容
はこちら。

今回使用した プレステ コントロールパッド 外見
赤外線リモコンユニット
プレステコントロールパッド 赤外線リモコンでワイヤレス
分  類:赤外線リモコン
基板寸法:
概  要: 巷で大人気のゲーム機の一つである「プレイステーション」ですが、「PS2」となってDVDの再生が可能となり DVDの再生機としても低価格で購入できる事から人気に拍車をかけています。
ところが、このDVD再生機能ですが、元がゲーム機であるため専用のプレイヤーとは違い コントロールは全てゲームのコントローラーで行わなければいけません。

テレビやビデオデッキでリモコンが当たり前となって使用していますと、どうもあのケーブルが付いている ゲームコントローラーで操作するのは使いずらい。なにが不便かって、コントローラーのケーブルが邪魔になります。

ならばケーブルのいらない赤外線リモコンでDVD機能のコントロールが出来ないものかとなり 今回のゲームコントロールパッドの改造となりました。

赤外線リモコンの受信をゲームコントローラーのエミュレートで本体に送ることもできたのですが、 サードパーツとして安く出回っているコントローラーの改造の方がものが簡単で安くあがるし、そのままコントローラーとしても使用できますので一石二鳥。 赤外線リモコンのほうは、小型のユニット基板としてコントローラーへ内蔵できるようにし、組み込みは、電源ラインとDVDの再生に必要な 各スイッチへの配線のみ。コントローラー自体の回路やインターフェースに細工しないため、ゲーム機本体を壊す心配もありません。

赤外線リモコンユニットですが、コントローラーへの内蔵ということもあり小型に製作する必要があります。
今回リモコンに使用したのは、ワンチップマイコンのPIC16F84Aを中心に、赤外線受光モジュールとトランジスターアレイ。
プレイステーション2でのDVD再生コントロールに必要なキーは、セレクト・スタート・丸ボタン・バツボタン・四角ボタン・三角ボタン・上・下・右・左 など。
今回のリモコンは、8個の出力がありますので自分がよく使うコントロールに必要なキーの裏へ配線する事になります。

   赤外線リモコンユニットの詳しい内容 はこちら。

赤外線リモコンの送信機のほうは、市販されているビデオのリモコンでコントロールできるよう、受信ユニット側に 各メーカーの赤外線リモコンコードが書きこまれていてジャンパー設定により何処のリモコンコードにするか選択できます。

デフォルトでは、ソニー製のビデオデッキのリモコンでコントロールできるようになっています。
また、電子工作の配布コーナーで配布中の6ボタンタイプの赤外線リモコンユニットでも動作可能となります。

赤外線リモコンユニット 配線
赤外線リモコンユニット 取付け

今回使用したゲームのコントロールパッドは、アナログジョイステックと振動モーターが無いタイプ。 今回の赤外線リモコン化改造に使用できるタイプのコントロールパッドは、基本的に改造しない状態で「PS2で確実に動作するパッド」と 「コントロールキーのスイッチパターンの片方のラインが統べてGND接続タイプである」という事が前提となります。
もちろん、自分で改造できる人ということも前提となりますが・・・。

赤外線リモコンユニット 配線
赤外線リモコンユニット 組み込み

ゲームコントローラーへの配線と組み込みの様子。
赤外線リモコン受信ユニットの8個の出力を自分がよく使うコントロールキーに割り当てて配線してゆきます。

配線は、中央のゲームコントロールインターフェースチップから各スイッチパターンへ接続されているパターンに配線してゆきます。 このあたりは、改造するゲームコントローラーによって違って来ますので、各自よく調べて配線してください。
今回のは、片面プリントパターンでしたので、スイッチパターン直前のところに細いリード線で配線しました。

赤外線リモコン受信ユニット基板は、ゲームコントローラーの空いたスペースに納めます。
今回のはシースルータイプでしたので、受光モジュールの受光穴を開けずにすませてしまいました。シースルーのケースの上からでも十分実用となっています。

   8個の出力の送信機側の割り当てと受信ユニットのch対応表など詳しい内容 はこちら。

赤外線リモコンユニット テスト プレイステーション2へ接続して市販されている赤外線リモコンからの動作テストの様子

*注:プレイステーション用のサードパーツとして売られているコントロールパッドの中には 回路の配線の違いのため、この赤外線ユニットを取付けられないものもあります。

また、回路の配線に問題が無くても、コントロールパッド自体がプレイステーション2で動作しないものもあります。

リモコンユニットを取付ける前にプレイステーション2で動作するか、 回路のスイッチが全てグランドに接続されて動作するタイプか、確認の上改造を行ってください。


また、このハードウェアを使用して起こった故障・不具合・問題等、一切の責任は使用者自身の責任でご使用下さい。 よって、この回路によってどのような損害が出ても私は責任を負いかねます。、



このホームページに掲載されたデータを無断転載することを禁じます。
Copyright c1997,1998,1999,2000 JN3QCI