危ないマニア集まれ!

JN3QCI Logo

a homepage of Masafumi Sakaguchi by JN3QCI


本物のサイレンアンプ!!

クラリオン” AA-603B サイレンアンプ!

クラリオン AA-603B サイレンアンプが手に入ったので遊んでみました


  AA-603B サイレンアンプ外見


クラリオンの”AA-600 シリーズ”は、内部のジャンパー設定で、「ウゥ〜」以外にも色々な吹鳴音に変更できるタイプなのはマニアの中では有名な話。

  AA-603B サイレンアンプ前面

前面

前面には、マイク端子とボリューム、サイレン吹鳴スイッチ、警光燈(回転灯)スイッチ、減光スイッチ、吹鳴テストスイッチなどがあります。

表示部は、出力レベルや、警光燈(回転灯)動作が点灯し、警光燈表示は、回転するように光る。

  AA-603B サイレンアンプ後面

後面

後面には、配線、ヒューズ、スピーカー接続モード切替スイッチ、それと外部装置を接続するためか丸いコネクターもあります。

  AA-603B サイレンアンプ配線

スピーカー接続スイッチのモード設定表とコネクター・ピンアサイン

スピーカーは、1本仕様、2本仕様があり、2本仕様では2本とも前方向け仕様と前後方向向け仕様等が設定できる。

警光燈(回転灯)出力等がありますが、あまり電流が取れないようなので、この出力でリレーを動かすのがよい。

  AA-603B サイレンアンプ内部基板

こちらが内部のサイレン基板です。

中央にパワーアンプのアウトプットトランスが2個有ります。

部品側も撮影したいのだが、分解するのが面倒なので今回はパス。(^^;

制御のLSIらしき物も見えます。
吹鳴音変更は、このLSI付近のパターンにあります。

  AA-603B サイレンアンプ 吹鳴音変更

制御のLSI付近。

赤丸の所に”あやしい”ジャンパー箇所があります。
4カ所のうち、左から2番目のみジャンパーされています。

ここのジャンパーの組み合わせで吹鳴音が変更出来ます。
組み合わせは16通り有りますが、実際に音が出るのは14通りでした。

その組み合わせと音色は・・・

  AA-603B 隠しスイッチ

全面パネルの clarion文字裏に怪しいディップスイッチが
隠されています。

ここの怪しいディップスイッチの組み合わせは・・・