くまちゃん プレイステーション用コントロールパッド 赤外線リモコン化計画!! くまちゃん


プレイステーション用のコントロールパッドを赤外線リモコンでワイヤレス化!!


今回使用した プレステ コントロールパッド 外見
プレステ コントロールパッド
プレステコントロールパッド 赤外線リモコンでワイヤレス
分  類:赤外線リモコン
基板寸法:
概  要: 巷で大人気のゲーム機の一つである「プレイステーション」ですが、「PS2」となってDVDの再生が可能となり DVDの再生機としても低価格で購入できる事から人気に拍車をかけています。
ところが、このDVD再生機能ですが、元がゲーム機であるため専用のプレイヤーとは違い コントロールは全てゲームのコントローラーで行わなければいけません。

テレビやビデオデッキでリモコンが当たり前となって使用していますと、どうもあのケーブルが付いている ゲームコントローラーで操作するのは使いずらい。なにが不便かって、コントローラーのケーブルが邪魔になります。

ならばケーブルのいらない赤外線リモコンでDVD機能のコントロールが出来ないものかとなり、 コントロールパッドからゲーム機に送られる信号をエミュレートして赤外線リモコンで受けた信号をゲーム機本体に 送ろうと考えました。しかし、これが厄介で技術的には可能なのだが、回路の部品点数も多くなるし、 ゲームのコントロールポートも一つ占領してしまうし、コスト的にも・・・。
「ならば、ゲーム機のコントロールパッドを改造しよう」となりました。

こちらのほうだと、サードパーツとしても安く出回っているものがありますし、そのままコントローラーとしても使用できますので一石二鳥。 赤外線リモコンのほうは、小型のユニット基板としてコントローラーへ内蔵できるようにし、組み込みは、電源ラインとDVDの再生に必要な 各スイッチへの配線のみ。コントローラー自体の回路やインターフェースに細工しないため、ゲーム機本体を壊す心配もありません。

赤外線リモコンユニット
赤外線リモコンユニットですが、コントローラーへの内蔵ということもあり小型に製作する必要があります。
今回リモコンに使用したのは、ワンチップマイコンのPIC16F84Aを中心に、赤外線受光モジュールとトランジスターアレイ。
プレイステーション2でのDVD再生コントロールに必要なキーは、セレクト・スタート・丸ボタン・上・下・右・左 などで 最低限必要なのは、セレクト・右・丸ボタン。
今回のリモコンは、8個の出力がありますのでコントロールに必要なキーの裏へ配線する事になります。

赤外線リモコンの送信機のほうは、市販されているビデオのリモコンでコントロールできるよう、受信ユニット側に 各メーカーの赤外線リモコンコードが書きこまれていてジャンパー設定により何処のリモコンコードにするか選択できます。

デフォルトでは、ソニー製のビデオデッキのリモコンでコントロールできるようになっています。
また、電子工作の配布コーナーで配布中の6ボタンタイプの赤外線リモコンユニットでも動作可能となります。

赤外線リモコンユニット 取付け
赤外線リモコンユニット 取付け
赤外線リモコンユニット 取付け

赤外線リモコンユニット 取付け



赤外線リモコンユニットからの配線とユニット取付けの様子


丁度良い具合に真ん中のところにスペースがあり、 ケースもシースルーのため受光モジュールのための穴あけもせずに組み込めました。


ケースへの組み込みは、手持ちのコントロールパッドに合わせて行ってください。


*注:プレイステーション用のサードパーツとして売られているコントロールパッドの中には 回路の配線の違いのため、この赤外線ユニットを取付けられないものもあります。

また、回路の配線に問題が無くても、コントロールパッド自体がプレイステーション2で動作しないものもあります。

リモコンユニットを取付ける前にプレイステーション2で動作するか、 回路のスイッチが全てグランドに接続されて動作するタイプか、確認の上改造を行ってください。


また、このハードウェアを使用して起こった故障・不具合・問題等、一切の責任は使用者自身の責任でご使用下さい。 よって、この回路によってどのような損害が出ても私は責任を負いかねます。、








表へ戻る