フォトギャラリー


94式水際地雷敷設車

近くの陸上自衛隊和歌山駐屯地が部隊再編成で第304水際障害中隊となり、 94式水際地雷敷設車が配備されました。

94式水際地雷敷設車 94式水際地雷敷設車
94式水際地雷敷設車の働きは、上陸してこようとする敵部隊を、水際で阻止する ために水際地雷を敷設するための車輌で、水上を航行して水際地雷を敷設すること ができるようになっている。
水際地雷は「ミズギワジライ」ではなく「スイサイジライ」と読む。

車体の後部にはスクリューが二つ付いており、錨や航海灯など船としての装備もついている。
さらに運転席には、ジャイロコンパスが装備されている他、救命具なども装備。
車輌としては陸上自衛隊でも一番大きい部類に入り、荷台には水際地雷敷設装置と、 水際地雷を搭載するようになっている。
陸上移動時は、舷側のフロートをたたんで荷台に積載し、敷設装置と水際地雷は、 別のトラックで搬送した上、現場海浜付近で展開する。
写真はフロートをたたんで荷台に積載した状態です。

 − 主要諸元 −

  • 全備重量 約16t
  • 全長 約11.8m
  • 全幅 陸上姿勢 2.8m
  • 水上姿勢 4.0m
  • 全高 約3.5m
  • 最高速度
  • 陸上車輪走行 約50km/h
  • 水上プロペラ推進 6kt(約11km/h)
  • 製造 日立造船

      推定価格 約5億円 だそうで。。。(^^;


  • 
    裏ホームへ戻る