パトカーサイレンアンプ


本物のサイレンアンプ回路レプリカ!!

概要: 「ウゥ〜」タイプ、電子サイレン式サイレンアンプを本物の回路を元に”レプリカ”を製作しました。
元になったのは、クラリオンの型式AA−228Aという「ウゥ〜」サイレンアンプの回路図です。

さて、サイレンですが、これにも規格があり、最高吹鳴周波数や折り返し周期、立ち上がりの早さや、スイッチを切ってからの音が消えるまでの時間など、細かく設定されています。

ちなみに、パトカーサイレンは、最高吹鳴周波数を870Hz、折り返し周期8秒。

こちらが内部のサイレン基板です。

回路は、折り返し周期をマルチバイブレーターで8秒周期を作り、サイレン音は、OPアンプのVCO回路で電圧制御による周波数可変回路により、音量と共に吹鳴周波数も高くなります。 たち下がりはその逆で、音量と共に吹鳴周波数も低くなります。

基板上には、最高吹鳴周波数調整、立ち上がり、立ち下がり時間調整の半固定ボリュームがあります。

最高吹鳴周波数調整 : 870Hz±50Hz。
立ち上がり調整 : スイッチをONにしてから最高吹鳴周波数870Hzになるまでの時間が3±0.5秒。
立ち下がり調整 : サイレン出力が最大から-60dBまで減衰するまでの時間が14±2秒。

こちらは、サイレン音を大音量でならすための”20Wパワーアンプ”です。

この出力にトランペットスピーカーを接続すれば、あのサイレン音が鳴ってくれます。
ちなみに、本物のパトカーは、50Wのアンプを搭載しているらしい。

また、最高吹鳴周波数を1500Hzにして、立ち上がりを早くすれば「ヒュ〜」という白バイタイプのサイレンになります。(^^;

  サイレンアンプ回路図 パーツリスト 低周波アンプ 回路図 はこちら。

  サイレンを鳴らすのにピッタリなスピーカーや、アンプ等の販売をしているお店
   なんず(南豆無線電機) 通販OK

  その他、トランペットスピーカーや車載アンプ等が売られているお店。
  ミマツ音響株式会社 車載PA/スピーカ
  富士無線電機 拡声アンプ/スピーカ

基板ユニット

  配布要領  

  上記製作例の内部基板、”パトカーサイレン プリント基板 ”を配布いたします。

  ★パトカーサイレン プリント基板 ★ 1,500円
   (プリント基板のみ、パーツは付属していません。送料込み)

  製作は、ホームページの回路図、部品配置図を参照で組み立ててください。

  送金方法 現金書留、定額郵便小為替、郵便振替、イーバンクの何れか。

  配布希望者は、住所、お名前、サイレン基板希望と明記し、
  masafumi@naxnet.or.jpまで、メールください。

ケース入り完成品


      ケース入り完成品 1台のみ 限定配布!!

  配布要領  

  上記製作例の ”パトカーサイレン ケース入り完成品 ”を一台限定で配布いたします。
  電源とスピーカーを接続すれば吹鳴出来ます。

  ★パトカーサイレンアンプ ケース入り完成品 ★ 完売。(2004/07/21)
   (TA8225H 低周波アンプ回路使用、ケース入り完成品。送料込み)


このホームページに掲載されたデータを無断転載することを禁じます。
また、このハードウェアを使用して起こった故障・不具合・問題等、一切の責任は使用者自身の責任でご使用下さい。
よって、この回路によってどのような損害が出ても私は責任を負いかねます。
Copyright c 1997-2006 JN3QCI