アマチュア無線大好き集まれ!

JN3QCIのシャック紹介

a homepage of Masafumi Sakaguchi by JN3QCI


 1986年8月11日にJN3QCIと言うコールサインで開局し、早25年以上がすぎました。 最初は、2mFMのハンディー機一台から始めましたが、今では知らないうちにどんどんと無線機が増えまして、それに伴い アンテナの数も・・・・

元々、電子工作を趣味としていた関係で自作好きHAMなので短波帯の無線機のマイクを握って電波を出すよりも 半田ごてを握って工作している方が時間的には多いのです。(^^;

シャック.img1 そのため、シャックの机の上にはログ帳や、スタンドマイクではなく、半田ごてと工具類。 いつ見ても片づいたことがない?ごちゃごちゃシャックであります。

シャック.img3

アンテナケーブルを外から引き込む穴は、100mmの水道パイプを取り付けていますから、アンテナケーブルを引き込むのは 何本でも?引き込めます。只今、10D-FB 4本、8D-FB 1本、5D-FB 4本、5D-2V 3本、3.5D-2V 4本とまあ、派手に引き込んでいます。

また、室内にも1200MHzのループ八木アンテナを始め、ローカル通信用のバイコニカルアンテナや、ホイップアンテナも・・・・


HF RIG

短波の無線機は最新鋭のは持っておらず、アイコム製のIC−730です。その上には28MHz帯のオールモード機があり、その周りに古い 50MHz帯のTR−1300というSSBのリグや、パケットの転送に使っている1200MHz帯のリグなどがあります。

ハンディー機

それ以外には、ほとんど受信機同様のC160,C460。こちらでは主にエアーバンドや防災行政無線などの「おもしろ無線」受信で24時間 メモリースキャンがかかっています。

まだこの他に大阪の日本橋のジャンク屋で500円で入手した受信機の基盤で地元の消防波と、救急波を個別受信しています。エアーバンドは ほぼラジオ代わりですね。(^^;






QSLカード

これ以外にも、古い無線機をOMさんに頂いたのが何台か保存?してあります。

私のQSLカードです。





免許状

私、JN3QCIの旧・免許状です。

ふつう、免許状は右の画像の下半分だけなのですが、私の場合、取得している周波数、モードが多いので本来の免許状だけでは 用紙が足らないため、周波数、モード、出力が書かれた別紙が付属されています。















へ戻る