過ちから学ぶ医療を求めて

ねえ、おしえて・・・
おとうさん、おかあさん、
どうして、さあやは
死ななければならなかったの?

〜そんな娘の問いかけに親として私たちにできること〜

SINCE 2001.6.21
(LAST UP 2011.2.12)


 医療ミス
    小児医療
     裁判の記録
     
マスコミ報道
     絆(きずな)
     AMSC
涙のアルバム
     AED    形に残る謝罪
      判決後の反響       裁判を終えて・・・        
                                        


2011年2月1日文芸社より発売
沙彩は今も輝いて
小児科病棟の片隅に残された命のメッセージ
高岡由子著
親として・・・・・
なにができるのか?
「心筋炎」を「風邪による脱水」と誤診され、入院してわずか17時間後に
五歳六カ月で亡くなった長女を通じて、命の尊さと生きる意味を問う。
本件をめぐる医療裁判と勝訴に至る過程は、2009年8月4日、
NHKの『たったひとりの反乱』という番組で再現ドラマ化され、
「突然の娘の死 医療の壁と闘った8年」として放映された。