JH3TCC
ホームページへようこそ


プロフィール

1945年4月30日生まれ

1970年6月14日 第2級アマチュア無線技士取得

1971年5月1日 下宿の近くにあったヒースキットの7,14,21メガ、5ワットのキットを組み立てて開局。
その後、1年間しっかり貯めて、当時としてはかなり高価であったFT101をゲット。100ワット機であったため、ファイナルの2本の真空管の1本をを外して50ワットに改造。当時は天王寺にあった電波管理局まで下げて行き、検査を受ける。
検査の役人さんが「お兄さん、少しオーバーパワーだし、スプリアスもひどいよ。どうせ測定器は持っていないんだろう。調整しといたげるよ」ということで無事検査合格。13kgもある機械を下げて行った甲斐があった。優しい役人さんに大感謝。


木造2階建ての家をゲット。天井裏に14メガ用ダイポールを上げる。片側のエレメントはほぼまっすぐであるが、片方はかなり曲がりくねっている。さらに7メガ用のダイポールも上げる。7メガはコイルを巻いて約50%に短縮。14メガはSWR1.2くらい。7メガはSWR2.0でノイズがかなりひどい。約20年間はこのダイポールで遊ばせてもらった。

2001年1月 第1級アマチュア無線技士取得

天井裏のダイポールでは、7メガは国内だけしか飛ばず、14メガはタイミングよくDXと交信できることもあったが約20年間で80エンティティしかできなかった。
2014年6月、ついに待望のクランクアップタワー(FTI製、4段)をゲット。DXCC,ADXAをゲットできた。


Rig Award QSL Rink